1. HOME
  2. 遊び方・ルール

遊び方・ルール

基本的に自由!楽しめれば勝ち

サバイバルゲームと言うと、マニアックなルールやマナーがいろいろあるに違いない……と思っている人はいませんか? 確かにゴーグルを着用したり厚手の服を着たり、銃の威力を制限したりといった基本的なルールは存在します。また最近では環境のために土に還る「バイオBB弾」を使用するのがマナーとなっていますが、それらは安全や環境を守りながら遊ぶためのごく基本的なルールにすぎません。

 

簡単に言ってしまえば、安全や環境を守りながら、周囲に迷惑をかけないように撃ち合ってみんなで楽しめれば、それはもう「サバイバルゲーム」なのです。初心者の方はあまり難しく考えずに、まずは楽しむことを考えましょう。

こんなゲームがあります

やはりスポーツやゲームのように明確なルールやシチュエーションがあった方が盛り上がるのも、また事実です。サバゲーのゲーマーたちは試行錯誤しながら、いろいろなルールや遊び方を考え出してきました。こちらでは、その中からピックアップしてご紹介します。

フラッグ戦

もっともメジャーな遊び方です。2つ以上のチームに分かれて、それぞれのチームが旗(フラッグ)を立て、それを奪い合うというものです。敵よりも味方が多数倒されたとしても、最終的に敵のフラッグを奪えばチームの勝利です。うまく囮などを使ったり、守備と攻撃のバランスを考えたりするなど、ただ撃ち合うだけでなくさまざまな戦術を考える楽しみがあるので、もっとも人気のある遊び方です。

殲滅(せんめつ)戦

とにかく敵を倒しましょう。敵をすべて倒して、味方が1人でも生き残れば勝ちです。もっとも単純な撃ち合いで、サバイバルゲームのチーム戦はここから始まったと言っても良いでしょう。反面、いつまでも終わらず「かくれんぼ」のような状態になってしまうこともあるので、制限時間を決めて「時間内に多く倒した方が勝ち」というルールにするのが一般的です。

バトルロイヤル

自分以外は全て敵! 最後まで生き残った人間が勝ちという、まさに「サバイバル」なゲームです。しかし、大変時間がかかるので、少人数のときやフィールドの大きさが限られている場合に制限時間を決めて行なわれます。ただし、中には制限時間を決めずに1日中「サバイバル」を楽しむディープなゲーマーたちもいます。

守るべきマナー

サバイバルゲームでもっとも争いになりやすいのは、弾が当たったか当たらないかの揉めごとです。中には自分で当たっていたのがわかっていながら、そのまま自己申告しないで戦いを続けてしまうゲーマーさえいます。そういうゲーマーは「ゾンビ」と言われて非難されますので、初心者はまず正直に自己申告することを心がけましょう。また当たったことがわからないでゲームを続けてしまったときも、正直に「わかりませんでした」と言いましょう。それだけを心がけておけば、初めての人でも快く仲間に受け入れてもらえますよ。

PAGETOP